旅中毒

子連れ旅をお得に!優雅に!

スポンサーリンク

マリオットホテル7月31日までいつでもオフピークで泊まれる激アツキャンペーンを発表!

f:id:h163932:20200619201510p:plain

こんにちは!旅中毒です。旅CHU(^з^)-☆です!

マリオットボンヴォイサイトで嬉しいキャンペーンの発表がありました!

国内、国外の対象ホテルが最大33%割引の価格で泊まれるというもの。

ポイント宿泊だと、キャンペーン期間はオフピーク価格で泊まれるということです!

キャンペーン期間は?オフピークって?どこのホテルが対象?についてお知らせします。

 

 

スポンサーリンク
 

キャンペーン期間

f:id:h163932:20200619191300p:plain

引用画像:https://www.marriott.com/default.mi

6月30日までに7月31日までの滞在を予約した場合オフピークポイントで予約できます。

参加ホテルは国内・海外合わせて5,500軒以上のホテル。

 

参加ホテルということは、オフピークポイントで泊まれないホテルも存在します。

国内ホテルを調べたところ6月19日現在、11軒のホテルはオフピークポイントになってませんでした。

もしかしたら参加ホテルではないのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

オフピークってなに?

ここまでオフピークを連呼しましたが、オフピークって何?と思った方にご説明します。

マリオットホテルにはカテゴリー別の宿泊ポイントが設定されており、3つに別れてます。

f:id:h163932:20200619194114p:plain

この設定は飛行機と違って、期間は決まってません。

空室数によって、『オフピーク』『レギュラー』『ピーク』が決まるようです。

 

たとえ大型連休でも、休日前でも一番低いポイント数の『オフピーク』は存在します。

最近は、どのホテルもポイント設定が高めだったので、ホテルの資金繰り事情から現金を集めたくてポイント設定をあえて高くしてたのだと推測してます。

ですが、ここにきてキャンペーンが始まったので予約を見直してみても良いですね!

60%増量キャンペーンでさらにお得!

そもそも、ポイントで泊まるのはお得なのか?ということですが、それは場合によりけりです。

現金宿泊の方が安い場合もあります。

ですが、1部屋4人以上宿泊できるホテルは断然ポイント宿泊がお得です!

h163932.hatenablog.jp

 

他にも、カテゴリー数が高いホテルもポイント宿泊の方がお得になる可能性が高いです。

たとえば、ザ・リッツ・カールトン京都 

f:id:h163932:20200619195525p:plain

7月18日土曜日の宿泊費は115,850円

これでも33%オフなので安い方なんでしょうけど高いですね。

 

 

f:id:h163932:20200619192517p:plain

ポイントだと4連休だって70,000ポイント!

 

そして、今同時に行われてる60%増量キャンペーンを利用すれば、ポイントを持ってなくても10万円以下で泊まれます!

f:id:h163932:20200602173430p:plain

 

60%増量で購入の時の金額とポイント数です。

f:id:h163932:20200619200249p:plain

引用元:https://storefront.points.com/marriott/ja-JP/buy?irgwc=1

 

リッツカールトン京都に泊まる70,000ポイントを購入したい場合は587.50ドルで75,200ポイントを入手できます。

これを日本円に換算すると63,450円になります。(1ドル108円計算)

 

リッツカールトン京都はキャッシュだと115,850円。

ポイントを購入しても5万円以上お得になります!

60%増量ポイント最高です。

60%増量ポイント詳しくは>>https://storefront.points.com/marriott/ja-JP/buy?irgwc=1

 

スポンサーリンク
 

 まとめ

常々、ポイント宿泊のお得さを記事にしてきました。

オフピークで泊まれるだけでもお得なのに、60%増量キャンペーンの合わせ技ができるなんて悶絶級のお得です!!

書きながらクラクラしてます。

 

しかも、7月は4連休もあるし子供たちの夏休み中でもあります。

子供添い寝で泊まれるホテルもたくさんあるので、お盆休みは家でゆっくりして、お得なこの期間に夏休みの思い出を作るのも良いですね(^ - ^)

子供添い寝をまとめた表はこちら>>

h163932.hatenablog.jp